私が出会った音の達人たち

(有)出水電器 島元のブログ

理想を追い求め続ける熱きオーディオファン、惣野さん。

[ 電源工事 | 私が出会った音の達人たち ]   2008年5月25日

惣野邸の超豪壮なシステム。

[ なかなかお目にかかれないハイエンドシステム。現在はもっと凄いことになっている]

 [最新のシステムについては、当コラムの09年5月2日を参照]

 

05年7月初め、ある方の紹介で伺ったのが惣野邸だった。40畳のオーディオルームに通されて目にしたシステムは、今まで見たことも無いほど、”豪壮”という言葉がピッタリの凄いシステムだった。

惣野さんは(有)出水電器の電源工事を希望され、その日は見積もりの為に初めて現場調査に伺ったのだが、ここまでのシステムとなると、かなりの時間と手間を掛けて調整が行われているはずである。 聴かせて頂いた音は文句なしの超一流の”音楽”だった。このシステムが電源工事をやってどう変化するのか。正直言って期待半分、不安半分だった。

今までにも全国を回って、いわゆるハイエンドシステムはいくらでも見てきたが、これほど圧倒されるシステムとなると別である。まずめったにお目にかかれない。この電源工事は少しの失敗も許されない。真剣勝負だ。

惣野さんの要望は、全て200Vの10回路、それも隣の部屋から配線し、オーディオルームの壁などは一切傷つけない隠蔽配線が希望。だがこれは難しい。幹線はともかく、専用回路はCVの8スケアーが基本だが、それを10本隠蔽でなると果たして可能かどうか。やり始めて途中で「すみません出来ません」、とはいかない。

1週間ほど時間をもらって私が提案した工事方法は 、一番ストレートに最短距離で配線するルートだった。つまりメーター横の既存配電盤内で家庭用と、オーディオ専用分電盤に幹線を分岐し、外壁を回してオーディオシステムの正面、最下部に専用分電盤を設置し、200Vを顧慮して5.5スケアーの専用回路とすることだった。

この時の工事の様子と内容は、ステレオ、2005年9月号 に6ページを使って紹介されている。また惣野さんの友人のHPでも詳しく紹介されている。(惣野邸電源工事で検索出来ます)

肝心の惣野さんの工事後の感想だが、まず、音のグレードが間違いなくワンランク以上あがった。S/N比が上がり静寂間が増した。奥行き感が出た。今まで解らなかった、各ニット間の音のつながりもハッキリ解る等々。ともかく大満足の様子であった。

だが、惣野さんの音の追及はそんなものでは収まらなかった。なんといっても、8年間のニューヨーク駐在中には、ジャズが演奏されている所で行かなかったところは無い、という程の大のジャズファンであり、かのマークレビンソンとも特注製品を作ってもらうほどの友人なのだとか。そういえばハイエンドマニアの垂涎の的、ビオラの特注チャンネルデバイダも最初に作ってもらったのも惣野さんなのだ。最新号のオーディオアクセサリー2008年夏号のP302~303でも紹介されている通り、惣野さんのシステムは年々発展し、現在はさらに凄いことになっている。

そんな惣野さんが目指す究極の音とは、大好きな女性ボーカリストが目の前で、手を伸ばせば触れられそうな再生音だそうである。頼まれていることもあるし、近いうちにまた尋ねて、最新の惣野サウンドを聴きたいと思っている。惣野さんも必ず伊豆の試聴室を訪ねてくれるといっていた。

オーディオ歴35年、やっと思うような音が出せそうな気がします。 都内 T様

[ 電源工事 | 私が出会った音の達人たち ]   2003年9月20日

随分長い期間更新もせず恐縮しております。

書きたい”音の達人”は多くても、あまり親しくなるとかえって書きにくいもので、例えばセッティングの名人通称『カースケ』氏
彼の手に掛かると僅か8㎝のSP、タンデムすらこれ以上何を望むのか?と言うような鳴らし方でみんなを驚かせたりする。
あるいは、僅か1年程のオーディオ歴でB&Wエンファシスや、ティアックP0シャープSX200を見事に使いこなす北◯氏などなど間違いなく”音の達人たち”だと思う。

今回紹介するTさんはタイトルに有るとおりオーディオ歴35年の筋金入りのオーディオマニアである。
Tさんとの出会いは今年の5月、オーディオ用の電源工事依頼のメールだった。
もともとアンプ自作派でホーンと38㎝ウーハーの4ウエイシステムで、アナログレコードを中心に音楽を楽しんでおられた。
自作派でることから電源の重要性は十分承知されていて、マンションでは電源改善など出来ないと今まで諦めていたところ、某誌で紹介された出水電器のオーディオとシアターの為の電源改善方法で、マンションでも可能と知り【これだ!】と思われたそうである。

見積不要の工事依頼とは言っても、都内でもあり下見と仮配線での試聴をかねてお伺いした。
部屋に入って驚いた。ホーン&38㎝ウーハーで構成された何とも凄い4ウェイシステムやアナログプレーヤーを始め名機が整然と鎮座していたのである。
早速いつもの如く仮配線で、ソニーロリンズの超有名盤「サキソフォンコロッサス」の一曲目「セントトーマス」マックス・ローチのドラムをはじめ50年代60年代のジャズ名盤での試聴となったが、あまりの素晴らしさに2人して時間がたつのも忘れて聴き入っていた。
ホーンシステムは難しいと言われ、上手く鳴らすのは大変と聞いていたがTさんの音は素晴らしかった。
また、TさんはTさんで今まで不満だった所が仮配線による電源強化でそれが解消しその効果に驚かれた。

一時も早くと言うことでその週末に専用分電盤と専用回路工事となった。
工事内容と様子は当HP、【電源物語】の【マンションでの隠蔽配線】をご覧下さい。
工事後のご本人の感想を要約したのが下記文章。

やはりマンションですから、構造的なことは覗いてみないとわからないわけで、ほぼ予定どおりの時間で仕上がったことは、皆さんの頑張りのおかげです。

さて、土曜日にレコードラックを動かして、掃除をして電源をつなぎました。夕方5時ごろ、ちょうどCDをかけはじめたとき、妻が帰ってきました。普段だとかならず「ちょっと音を小さくしてください。」ときっぱりと言われる音量でしたが、その言葉は出てきません。いろいろ取っ換え引っ換え、いろんなCDを聴きました。妻の顔色を伺いつつ、調子に乗って「ローリング・ストーンズ」まで再生してみましたが、セーフでした。傍で遊んでいる息子も、なにも言わずに淡々としています。あきらかに出てくる音の純度が違うのですね。ためしにキッチンの妻のそばに立つと、今までは音の塊が聞こえていたのが、リスニングポジションと変わらない「音楽」が聞こえています。再生中のスピーカーに耳を近づけても、今までのようにざらついた音でなく、とてもクリアな音が聞こえます。音量を上げてもうるさい音は少しも出てきません。また深夜小音量でも、密度の高い再生をします。

オーディオの趣味をはじめて35年にもなりますが、今初めて、出したかった音をきっと出すことができるという、確信を持つことができました。何の妥協もなく、頭でイコライズすることもなく、音楽にひたすら感動できる環境。工事したときには、武骨にも見えた極太のうねる黒いケーブルの束が、今は頬擦りしたいくらい素敵に見えます。所持している膨大なレコードが、みな新品のようになって嬉しい悲鳴です。

後日TさんからFASTのM300IIの試聴依頼が有ったのですが、従来使用されていた某社のアンプと比べてその音の違いにすぐさま購入を予約された。
納品に伺いM300IIを繋いだ音に、またまた聞き惚れてしまったTさんと私でした。
近頃は毎日音楽を聴くのが楽しみで仕方がないとか。

B&W802が目を覚ました。 浜松市 I様

[ 私が出会った音の達人たち ]   2003年1月3日

01年4月末の事だったと記憶している。
B&W802のユーザーから丁寧なメールを頂いた。
B&W802を使用していて、思うように鳴らなくて悩んでいるのだが、FASTだったら上手く鳴らせるだろうかという問い合わせだった。

B&W802は801程では無いにしてもハイパワーで駆動力の有るアンプでないと思うような音は望めないと言う事と、FASTのアンプは生の音で調整しているので楽器のエネルギー感に至るまで表現する事を伝ええ、自宅試聴を薦めた。早速C10II、M300IIを自宅試聴されたIさんは繋いだ瞬間の音を聴いて一発で気に入られすぐに注文をされたのだった。

5月中頃、納品に伺い早速音出しをしたが、B&W802は想像通りの音で鳴ってくれた。
私はFASTのユーザーには専用電源を薦めるようにしているだが、Iさんは電源の重要性を理解され工事をして早速音出しをした。その音は工事前とは歴然と違いIさんもその差に驚かれた様子だった。
専用電源工事後にいつも感じるのは、今まで何とも感じなかった機器やケーブルに至るまでその素性や能力、癖に至るまでハッキリと出てしまう事である。
この時もSPケーブル(かなりの有名メーカー製)の癖なのだろうか、やけに音が固く感じられたのでIさんに「少し音が固くないでしょうか?」と言ったら、「私はこの方が好みです」の返事だった。
音は趣味である以上、十人十色、百人いれば百の好みがあるのでこれが絶対と言う物はないと思っている。
が、しかし昨年後半に頂いたメールでは件のケーブルはやはり音が固く取り替えたとのこと。
「あの時『音が少し固いですね』と言われた事が思い出されます」との便りだった。

IさんのB&W802も目を覚ましたかのように、最近は非常にいい音で鳴っているとか。
そうと聞けば私の音〇〇の血が騒ぐ。
何とか近い内に伺って素晴らしい音(音楽)を聴かせて頂きたいと思っている。

幸い地方出張の機会が増えているので多分そんなに遠くない日に望みは叶うだろう。

IさんがFASTの音をどう感じておられるのか、またどんな音を目指しておられるのか、以前掲示板に投稿された感想を転記したい。


Iさんの掲示板投稿記事(01年08月15日)

PA製品をオーダーで20数年製作している菅原さんと言う方と販売元の出水電器さんがタイアップして2年ほど前から発売されたということ、そして、設計、製作、パーツ選択に至るまで全て菅原さんが行っている、つまり、手作りということをはじめて知りました。
また,個々の完成品のデータを全てとって完璧にOKとなったものを出荷しているという品質管理は驚きでした。

当日は、発売元の出水電器の島元社長自らが、自宅を訪問くださり、専用電源の工事と搬入をしていただきました。有難うございました。

で、音ですが、
すごく自然です。ピアノやベースの響き、シンバルの音色などパワーが感じられ、CDにこんなに情報が入っていたのかと驚きました。また、ボリュウムをあげていってもうるさく感じられません。
音の立ち上がりはすごく早く、パーカションの様は、本物のようです。

システムが3ランクアップくらいの感じです。以前、〇ー〇レ〇〇〇ンと〇ェ〇〇ーラ〇ドのプリメインを自宅試聴したことがありましたが、雲泥の差です。
合計金額は、FASTの方が安いのですが、音の良さは比べものになりません。
極めて、FASTのアンプはCPが高いと思います。

購入した日に友人と試聴会をしました。
最新のCDは勿論、古い50年代のJAZZの音もいいし、何よりも良かったのがレコードのモダンJAZZの音。
その友人曰く、
「まったく持って、楽器の音色が自然。」
「これ、いいなあ、いいなあ。まるで目の前で演奏しているみたい。」
「どんなアンプを購入したかと思ったけど、これは大正解。」ということで、ございました。

1週間ほどたって、音がさらに瑞々しくなっています。
今後の変化が楽しみです。

※昨年の7月以来、Iさんの事を書こう書こうと思いながら年を越してしまいました。
ほかにも紹介したい人がいっぱいいます。今年もご期待下さい。

Yさんの Dali DACAPO プレーナー1 からは信じられない音が・・・ 

[ 私が出会った音の達人たち ]   2002年7月21日

かつてDaliから輸入されていたリボン型SP,DACAPO プレーナー1から凄い音が出ていた。
今までの経験で言うと、このてのSPの音は極めて繊細で、SPの後にミニチュア見たいな音像が浮かび上ると言うのが常だった。
しかしYさんの音は違っていた。
リボン型SPのわりには意外と音が太いのである。低域に10センチ(?)のコーン・ウーハーを使用しているせいだけとは思えない。
Yさんはなかなかの【使い手】らしい。
SPの台といい、インシュレーターや各機器の配置も実に良く考えられている。
〇学〇士と言う職業柄なのだろうか、全く無駄という物がないのだ。

そのYさん、最近ご近所に越してこられ、ある日愛読の某誌を見ていたら「西蒲田のスーパーマニア」と「出水電器」の文字が目に留まった。
かねてよりオーディオ仲間が欲しいと思って居られたとかで、渡りに船とばかりに当店を訊ねられたのだった。
生憎その日は私は出かけていて満足な説明も出来なかったので、名刺を置いて帰られた。
次の日曜日、今度は奥様も一緒に試聴に来られた。
お二人ともFASTの音を大いに気にいられ、自宅で試聴出来ないだろかと言われた。
私に異論が有ろうはずがない。何と言ってもYさん宅は歩いても10分とかからない距離なのだ。
そして自宅試聴で聴かせて頂いたのがDali DACAOP プレーナー1だった。

現在のシステムで聴かせて頂いた後、M300Ⅱに繋ぎ換えるとさらに音が生き生きとSPの前に出てくる。
サブウーファーとツイーターも外してみたら、その方が自然でいい音だった。
そして出水電器特製の電源タップを使用すると音が艶ややかになり余裕の有る鳴り方になった。
音では長いこと苦労されたYさん、直ぐにM300Ⅱの実力を認められ購入を申し込まれた。
Yさんと「女性は隣の部屋にいても音の変化に気付くんですよね」と話していたところに、隣のリビングから奥様が来られ「いい音になったんじゃない」と言われたものだから思わず顔を見合わせ苦笑してしまった。

数日後M300Ⅱの納品と共に、出水電器お薦めの専用電源回路の工事をした。
この時は仕事から帰って来られたお嬢様が「お父さん、音が良くなったみたい」といってリスニングルームに入って来られた。
これにはYさんもご満悦の様子であった。
「これから毎日いい音で音楽が楽しめます。帰宅するのが楽しみです。」と喜ばれていた。
アンプを納品してお客さまに喜んでいた時ほど嬉しい事はない。

最近アンプの購入と共に専用回路工事を依頼されることが多くなった。
機会あるごとに訴えて来たことが皆さんに知られてきたのだろうか。
この専用電源回路は驚くほどの効果があり、その割には費用も安い。
SPが思うように鳴らない、低音が全然出ないと悩んでいる方、一度電源を見直されたら如何でしょうか。

近い内に、前から書きたかった浜松のIさんの事を紹介したいと思っている。
IさんはB&W802をC10II&M300IIで鳴らして居られるのだが、最近かなり良い音になったらしい。
今までもかなりの音だったのだから、どんな素晴らしい音で鳴っているのか興味を掻き立てられる。

レコーディング・エンジニア 赤川新一さん

[ 私が出会った音の達人たち ]   2002年5月5日

レコーディング・エンジニアの赤川さんの事を書こうと思ってから随分日にちが過ぎてしまった。
今回は、気軽に登って見たらそれが険難の山、まるでそんな感じだった。
なぜなら、赤川さんの活躍分野は私が思っていた以上にとても広かったのである。
レコーディング・エンジニアとして超有名であり、いろんな雑誌への記事掲載あり、機器の開発あり、HPでの様々な技術のアドバイ等々・・・・・いやはや八面六臂で大活躍の人だった。
専門分野での活躍は今回割愛させて頂き、何回かお会いして感じた事を書きたいと思う。

昨年11月23日、当店にサウンド・デンの社長始め神戸さん(音の達人 №011参照)、Oさん、カースケさん、Kさん、岩田さん(A&V village 53号、四畳半でアルテック604を聴く人、音の達人№002参照)他数名来られ試聴会をしたとき、カースケさんの紹介で来られ、初めてお会いした。
この日は出水電器始まって以来の大盛況の試聴会として記憶に新しい。

赤川さんのお名前はオーディオ評論家、村井裕弥氏のHPやRCCのHP等でよく目にしていた。
そして村井氏のテストCDとして何度と無く聴かされたのが赤川さん録音の遠藤響子【ホッチキス】だった。
赤川さんが、レコーディング1発OKで自信作の一つとして紹介されている内田有紀【愛のバカ】を常連のKさんが探してきてくれたのだが、このCD、音がでた瞬間「エッ、これがアイドル歌手の録音?」と驚くほど見事な【音】なのだ。残念なことに両方とも今は発売していない。もし中古で探せたらお宝である。

次にお会いしたのは昨年暮れ、スタジオ(Storip)でのFAST試聴の時だった。
スタジオと言うと大きなミキサーの卓を想像するが、赤川さんのスタジオには無かった。
代わりにパソコンが中央にあり、モニターを見ながら調整をするを初めて見た。
アンプ3台のマルチ再生となったのだが、我々なら数時間はかかりそうな調整を十数分で終え、某メーカーのSPからでてきたその音の凄い事と言ったら、もうビックリしてしまった。
いかにもプロのモニターSPらしく、どんな音も見逃しはしない、そんな感じの隙のない音で、上下がスッと伸び、全体にエネルギー感が漲っていた。
嬉しいことに、これには赤川さんもご満悦の様子で、FASTの音をかなり気に入って頂いたようだった。

その後も何回かお会いしているのだが、何時お会いしても実に爽やかな人である。
赤川さんの事を一言で言い表すとすれば、SPがほんの数ミリ動いても解るほどの凄腕の有名なレコーディングエンジニアでありながら、少しもそんな素振りなど見せない。
とても気さくだし面倒見のいい人と言う感じで、あのナベ貞みたいな素敵な笑顔の持ち主なのである。
赤川さんと一度でも会えば解ると思うのだが、赤川さんは一度会ったらみんなファンにしてしまうような不思議な魅力の持ち主だと思う。

最近、いろんな人と会い、その音を聴かせて貰って、音(音楽)はその人の生き方、考え方をも表すのではないだろうかと感じている。そして、ますますその感を強くしているこのごろである。

ともあれ、オーディオを通じていろんな人との出会いがあり、こんなに楽しい事はない。
これこそオーディオ冥利に尽きると思うとともに、出会った皆さんに心から感謝したい。


ページの先頭へ