[ 見事な10月桜 11/25 ]

早いもので、オーディオファンのための電源工事を手掛けてから14年になろうとしています。
最初はオートグラフ命の斉藤さん(2001年3月18日の記事を参照)に依頼されたことから始まり、大小500件以上の施工をいたしました。
電源工事の最大の喜びは、お客様の感激ぶりとその笑顔です。
電源工事が必要とされる限り、お客様の笑顔が有る限り、これはなかなかめられません。

当初は負荷変動による電圧降下と電圧変動をいかに防ぐかを主眼としておりましたが、数多くの施工の中でノイズ対策の重要性、アースの重要性、さらに振動制御の重要性に行き着き、その対策にも取りくみ、改善に改善を重ねている日々です。
なかでも最近採用した素材の効果は、私が知る限りコストパフォーマンス第一位だと思います。
電源工事のグレードという意味では本当に経験が重要で、誰がやっても同等の工事とはいきません。
むしろ、全くグレードの違う工事というのが実情です。

オーディオを趣味とする人や録音等に携わる人の間でも、電源工事の重要性の認識はますます広まっているようです。
その裏付けでしょうか、最近ではスタジオや新築に伴う工事の依頼が増えていて、ますます気合いが入る日々です。
これからも、今まで以上にお客様の満足が得られるよう精進してまいります。

コメントはありません

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

©2022 IZUMI Denki Co.,Ltd.

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する