[ 大阪2件目のマイ柱上トランス: 写真は後日UP]

一昨日(2/17)、関西で2件目のマイ柱上トランス設置工事が完了しました。
お客様は、「ここまで変わるとは・・・・・・」と絶句され、「出だしから終わりまで、こんなに感動して聴けたのは初めてだ」と感激されていました。

工事内容を簡単に説明しますと、

① マイ柱上トランス
② デジタル、アナログの幹線をメーター横の主開閉器から分岐してオーディオルームの
専用分電盤に配線。
③ オーディオ専用分電盤はアナログとデジタルそれぞれに主ブレーカーを設置。
④ アナログの230V、240Vは3KVAの専用トランスで供給。
⑤ デジタルは100V用3KVAトランス、200V&230V用3KVAトランス。
(これは低電圧供給と、デジタルのノイズのアナログへの影響を軽減する役割)
⑥ 特筆すべきは、アナログ、デジタルのアースは分離して、それぞれ1.5Ωです。
この効果は大きいと思っています。

こちらの工事内容は、AA誌で紹介されると思いますので是非お楽しみに。

コメントはありません

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

©2022 IZUMI Denki Co.,Ltd.

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する