[ 藤田弓子さん、歌手デビュー? ]

昨日、第二回伊豆の国 ジャズ・フェスティバルへ行ってきました。

▶▶昨年のジャズ・フェスティバル

今年の開始時間は早く14:00スタートでした。
仕事の都合で3時前に会場へ着いた時は、日大のジャズアンドフュージョン研究部の演奏が終わって、伊豆の国市のアマチュアバンド、トリップシュガーの演奏が始まるところでした。

 

続いて伊豆の国市出身のシンガーソングライター、竹下舞子。
都内のライブハウスを中心にライブ活動。
独特の世界観と心地よく、艶のあるハスキーボイスが売りだそうです。

ここまでは音響もいまいち(?)だったのですが、次のCJQ(チカエジャズクインテット)からは徐々に調子を上げてきました。

切れもよく、なかなかの演奏のCJQでした。

続いて、チッコソウマ&エイモスファミリー。
1970年にプロデビュー。
矢沢栄吉の全国ツアーにも参加。
ブロンクス地区に有るゴルぺスの教会でレギュラーのドラマーとしても活躍。
現在は「福生ブルース・フェスティバル」という音楽ボランティアのコンサートを主催。

右はじの女の子に注目。

今回最年少(7歳)の演奏者(ゴメンナサイ 名前は失念)。ハワイアンを披露。可愛かった~。
ボーカリストの後ろ。ベースを弾いているのは若干18歳。掛け値なしで上手かった。

そして、日本のジャズフルーティストの草分け、横田年昭。
伊豆の工房での笛作り。国内のみならずヨーロッパ、中東でも公演を行っているそうです。

はじめて聴くフルートの奏法が衝撃的でした。

バッハの無伴奏やアランフェスもよかった。
昨年は時間の都合で聴けなくて、今回一番のお目当て湊者。

そして、プレジャーラティノー。

ラテン好きなメンバーで構成されたバンド。

メンバーの音楽歴は30年以上だそうです。
今回はカリンバという珍しい楽器も演奏された。

参加者と会場の様子。

横田年昭とプレジャーラティノーの共演の途中、横田年昭に、「弓子さん、歌えるでしょう」、と促されて、サマータイムを熱唱。
ファンとしては、これだけで今回参加した価値が十分ありました。

冒頭の写真は、横田年昭が若かりし時、米軍のベースで演奏する前に、ジャズの心を身に染み込ませようと必ず読んだという黒人の詩集。その詩をフルート演奏に合わせて朗読する藤田弓子さんです。

ご苦労頂いた運営の皆さん、そして演奏していただいた皆さん、有難うございました。
楽しかったです。来年も是非開催してください。

コメントはありません

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

©2022 IZUMI Denki Co.,Ltd.

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する