(有)出水電器 島元のブログ

2008年10月の記事

西蒲田事務所での第一回試聴会。

[ オーディオロマン街道 ]   2008年10月5日

080927-1.jpg

西蒲田事務所のシステム

今年の5月にT-125svを発売した頃から、東京でも試聴できないかというお問い合わせをたくさん頂くようになり、対応を模索していました。定期的な開催となると、会場の確保が難しく、今月はできたが来月はできないとはいかないので、いろんな会場を当たったのですが、条件がぴったりな会場などそうそうはありません。そこで閃いたのが事務所での開催でした。部屋の条件には不満があるものの、ここならいつでも開催可能。

しかし準備は思うように進まず、計画は遅れに遅れてこの9月末、やっと第1回の開催にこぎつけました。小型のシステムですが、サイズから信じられないほどスケールの大きな音楽を再生します。
事務所のシステムは次の通りです。

アンプ   ALLION UltimateT-125sv
       ALLION UltimateT-100
CDP   EMT981
        DENON DCD1650GL
SP    ジンガリ Overture1
       JBL4312MkⅡ

9月27日(土)午後6時からの試聴会は、オーディオ評論家の田中伊佐資先生をはじめ、遠く宮城からの参加者や、数年ぶりに再会する懐かしい人など、総勢13名の参加となりました。
そして、皆さんがお持ちになったCDの素晴らしいこと、まさに極上のCD鑑賞会といった風情でした。
中でも本田美奈子の『アメイジング・グレイス』は、録音にやや不満はあるものの今まで聴いた中では最高だった。これには二階にいた義弟も「音楽にはあまり興味はないんだけど、あの曲は良かったな~。感動した」と絶賛。

休憩をはさんで、田中先生お勧めCDの再生と若干の解説をして頂きました。
VEST VOICESⅡから1曲(曲名は失念)とcassandra wilson  loverly の11曲目、The  Vely Though of You これもオーディオ好きにはたまらないボーカルと、低域が伸びたベースの素晴らしい録音です。
なんでもナッシュビルの民家を借りきって録音したとかで、スタジオ録音とは全然違う魅力がある。
と言うか、スタジオ録音ではありえない音もいっぱい入っていて、チェックCDとしても魅力あるCDだ。
このCDはお勧めです。

1時間半の試聴会はあっという間に終わり、その後OFF会へと会場を移し、みんなでオーディオ談義の楽しい時間を過ごすことができました。
当日の様子につきましてはALLION掲示板に感想が寄せられておりますのでご覧ください。

今後の試聴会につきましては、月末または月始めの土曜日に定期的に開催いたします。
次回は11月1日(土)午後6時開催です。
なお、事務所も可能な限りの電源対策をしており、戸建またはマンションにおける電源工事の参考になると思いますので、電源工事に興味がある方もぜひご参加ください。


ページの先頭へ