電源工事

(有)出水電器 島元のブログ

最新のアース工事。

[ 電源工事 | オーディオロマン街道 ]   2020年7月18日

                                2020-7-16.jpg

先日オーディオ専用電源改修の、アースを含む準備工事を行いました。

以前は写真のような、60㎝アース棒1本だけでしたが、今回の改修工事では、1.5Mのアース棒25本と、多量の接地抵抗低減剤を使用し、0.8Ωという驚異的な数値を得られました。

アースは、音の品位を決める大きな要因ですから、決して手を抜けません。

70歳、元気に頑張っています。

[ 電源工事 | オーディオロマン街道 ]   2020年6月30日

たまには1日で終わらない工事もあります。

専用回路の隠蔽配線がどうしても出来ず、一番目立たない方法でダクトを使った配線に切り替えましたが、部材が間に合わず後日(3日後)となりました。

今回は前日に静岡で一泊して、朝5時に出発。…
8時半に現場到着で、9時から5人がかりで作業開始。
帰りはそのまま東京へ。
往復約700キロちょっと。
また今日から出かけて、2日の朝6時出発、往復700キロ以上の車での出張です。

70歳の身には少しハードスケジュールかな?
先月は2日間で、往復1,300キロ以上の出張もありました。
だけど同年代のサーロジック村田さんの工程は、もっとハードだよな~。

マイ柱の「試掘」

[ 電源工事 ]   2020年6月23日

                      20200622-32.jpg

地下1.2Mくらいのところにあった雨水管(アース棒の下の青い部分)

昨日雨の中、マイ柱の試掘作業をしました。

地下の配管などがある場合、いきなり機械で掘るわけにいきません。

今回はいつもお願いしている建柱会社から、「試掘をして下さい」との依頼があり作業したのですが、プロフェッショナルの勘はすごいものだと感心しきりです。

建柱位置を手彫りしてみるとコンクリートの塊が、捨てコンかと思い削岩機で壊してみたら、さらにその下に分厚いコンクリートが。

施主にお願いして建設の資料を見させていただいても構造物も配管も見当たりません。

ともかく堀り続けてみると、雨水管らしき配管が。

いきなり機械で掘ったら間違いなく配管を壊していました。

経験と慎重な作業こそが、事故を未然に防ぎえると実感しました。

新人奮闘記

[ 電源工事 | オーディオロマン街道 ]   2016年6月18日

先月12に日から勤務してくれている、新人仁木君は頑張っています。

初日、電源工事で埼玉県ふじみ野市へ。
ここでアース50本の打ち込み。手の皮がむけたそうです。
翌日、新型アンプの打ち合わせへ同行。
次の日は試聴室のインターホン取り付け、アイソレーショントランス製作。

19日から名古屋出張2泊3日間。
23日、相模原での電源工事。
27日、ウオールストリートジャーナルの取材同行。
29日、日立市での電源工事。
28日、クリズラボの栗原さんと共にDEQX調整、そして彼主体で試聴会。

6月1日は山梨県北杜市へ出張(ここのアース工事はきつかった)。

4日~5日は宮城県へ出張。

10日、渋谷のビルの谷間でアース工事。
11日は初めてのオーディオ専用分電盤12回路製作が無事完了。
かなり苦労していましたが、仕上がりは合格でした。
14日は渋谷区での電源工事、仁木君初製作の分電盤を取り付けました 。
この日は早めに終了出来たので、その後3KVAのアイソレーショントランス製作。

昨日(17日)は清瀬市へアンプ納品と、オーディオ専用分電盤改修工事。

ともかく、飲み込みも早いし一生懸命に頑張っています。
一番大事なことですが、「仕事が楽しい」と言っています。
彼の今後に是非ご期待下さい。

ウオールストリートジャーナル取材(2)

[ 電源工事 | オーディオロマン街道 ]   2016年5月30日

最後に伺ったのは、AA誌最新号でも取材させて頂いた上林様邸。
ここではマンションに於ける電源工事、なかんずく管理組合を説得して行ったアース工事の顛末でした。…

質問事項は前田邸、森田邸と同じだったのですが、ウオールストリートジャーナルの記者とカメラマンが本当に驚いたのは、その音と映像を視聴したときでした。

よほどの衝撃を受けたのでしょうか、前に座った記者の頭髪(頭皮も)が激しく波打ったのです。これには上林さんも私もビックリ!
以前、上尾の福田邸で、ピンクフロイドの「狂気」をかけた時に、飼い猫の「すずきいちろう」が目を回し、耳を回転させた時以来の事でした。

それにしてもマンションで、これほどの大音量で好きな音楽が楽しめる上林さんは幸せである、との意見一致と感動で取材は終わりました。


ページの先頭へ