オーディオロマン街道

(有)出水電器 島元のブログ

1月6日 産経新聞記事から

[ オーディオロマン街道 ]   2002年1月6日

【日本に元気(4) 世界市場へ 常識覆した「半値住宅」】

またまた同じ話題で恐縮です。
ミサワホームが半値住宅(坪単価25万円)販売に乗り出し、成功を収めているという記事。
「これまでの住宅会社は客の注文を引きだして設備に金をかけさせ、利益を積み上げていくのが営業戦略で、高い住宅を売って『家は資産。高い家こそ価値がある』と言う幻想を作り上げてきた」とあり、そうした業界の「常識」を、客の購買能力からかけ離れた「非常識」であり、牛丼もハンバーガーも、これだけ値下げをしている。品質を落とさなければ、住宅が値下げをしてはいけない理由なんて無い。
と結論している。

拍手を送りたいような記事である。
ひたすら高額(高級ではない)品をまき散らしたあのバブルの結末を見るまでもない。
踊り狂った代表的な業界の銀行、不動産業がどうなったか、見る影もないではないか。
勿論バブルに踊らなかった銀行や不動産会社もあり、非常に健全な会社として立派に残っている。
目の飛び出るような高額オーディオ製品がバブル崩壊の二の舞にならないことを祈るのみである。

あるオーディオ雑誌を見ていたら、20年近くオーディオから遠ざかっていた人が久しぶりに専門誌を見たら「そこには浦島太郎のような世界が待っていました。コレははっきり言ってショックでした・・・・・。
たかが音楽を聴くだけで、不動産のような値段がズラリ! 誰だオーディオをこんなにしたのは?」とあり、その人は20年以上前から持っている製品の、メンテナンスと改良に明け暮れているとの事。

道理にかなう理屈があるはずもない。
これだけの利益がないと維持できないというのは売る側の理屈であり、価格に見合うか見合わないかは、お客様が判断するのが道理であろう。
時代は確実に変化している。
もう「本物しか生き残れない時代」に確実に入っていると思えてならない。
エンドユーザーが満足を得られないものは必ず淘汰されるのが世の摂理ではないだろうか。

「商売はあくまでもお客様の方を向いていなければならない」
と、自らを常に戒めている。

コメントを書く