(有)出水電器 島元のブログ

2001年6月の記事

FAST製作者、菅原氏との出会いを作ったT君

[ 私が出会った音の達人たち ]   2001年6月8日

97年1月24日の事だった。
小雨がぱらつく夕方、何となく陰のある男性がフラリと当店に現れ、店頭に置いてあったタンノイのウエストミンスター・ロイヤルを見て『これは売り物ですか?』と聞いてきた。
『エージングをかねて店頭に置いてるんです』と言うと、少しがっかりした様子だった。
色々話話してみると、大のオーディオファンで、アンプでも何でも自作する音キチだとの事。

そして、陰がある雰囲気とは裏腹に笑顔がとても人なつっこいのである。これがT君との出会いだった。

元々が音キチ同士である。たちまち意気投合してその日の内に彼の家を訊ね、音も聴かせて貰った。ところがその音が、想像より遙かに素晴らしく本当にビックリしてしまった。
当時私が使っていた、国産の有名なアンプなど足元にも及ばない。

駆動力と言い、情報量と言い、粒だちと言い、その艶やかさや雰囲気は初めて経験する音だった。
すっかりその音にはまってしまった私に、『作ったのは私ですが、回路を設計した人は、日本で初めての、PA用ミキサーとアンプを作った人で、メーカーや放送局、スタジオ等から色んな機器製作や開発を依頼される凄い技術者です』と教えてくれた。(ミキサー製作については、MJ74年4月号、P143−147に掲載、アンプはタイプⅣがMJ87年9月号、P128−132に掲載)

私から見たらT君さえかなりの凄腕なのに、その彼が絶賛しまくる技術者菅原さんは,まるで《神様》みたいな人に思えた。(その頃、選り優れた名人達人の事を、〇〇の神様と言うのが流行っていた)
そして『そんな凄い人のアンプだったら売り出すと面白いだろうね』と言う何気ない私の一言が菅原さんと私を巡り逢わせ、あげくに私がFASTの発売元にまでなろうとは、その時知る由もなかった。
T君が私の言葉を菅原さんにどう伝えたのか解らないのだが、菅原さんは『その話乗ったと言ったそうである。
こうしてお互いに顔も見ない内に、しかも当事者の私も知らないところで、製造元 (株)ファスト、発売元 出水電器 は決まったのである。 T君と知り合って僅か数日後の不思議な出来事であった。
いまだに、あの一連の巡り逢いは《神様の戯れ?》だったとしか思えない。

発売元はいいとして、いくら私が無謀でもいきなり発売というわけには行かない。
T君と出会って1週間後の2月1日(何という展開の早さだろう)、プロ機 タイプⅤを借りるためT君と一緒に(株)ファストを訪ねた。
菅原さんは貸出用アンプのデータも用意して待っていてくれた。
初めて会った菅原さんは『この人は出来る』と言う強烈な第一印象と、驚くほど謙虚な人だった事を今でも鮮やかに思い出す。
その日、FASTのアンプ・タイプⅤを持参し相談に伺ったのが鹿沼市の斎藤さんだった。
斎藤さんは両手をあげて賛成し、特注のアンプまで注文してくれた。(斎藤さんについては№005を参照)
こうして、街の小さな電気屋がアンプの発売元になると言う、前代未聞(?)の大冒険が始まった。

第1号の製品もでき、さてどう売り出そうかと思っているところへ、T君が1枚の広告を持って来た。
それが、第3回真空管オーディオ・フェアーの案内で、クラフト・オーディオ賞を新設すると書いてある。
T君は『出してみたらどうですか?、賞は取れますよ!』と言った。
菅原さんにその事を話すと
『大丈夫でしょう』との返事だったので『クラフト・オーディオ賞は私たちが取ります』と宣言して第3回真空管オーディオ・フェアーに参加した。
第3回真空管オーディオ・フェアーではC10がクラフト・オーディオ賞、金賞に輝き、以後4回連続受賞している。
第5回真空管オーディオ・フェアーではM300も特別賞を受賞することが出来た。

話が前後してしまったが、T君は突然私たちの前から姿を隠し、そしてまた不意に現れたりする。
第5回の時はタンンイ・マーキュリー2を見つけて来た。
第6回の時はビクター・SX500ドルチェを持って来た。
(いずれも真空管オーディオ・フェアーのブースで使用し、FASTの実力を遺憾なく発揮してくれたスピーカー)
第7回も近くなったが、T君は今度は何を持って現れるのだろうか?それとも現れないのだろうか?

この頃の事では面白い話がいっぱいあるのだが、またいつの日か機会を見て書きたいと思う。
それにしても、このT君との出会いがなければ、T1−Xも、C10II も、M300II も、
そしてFAST発売元 出水電器も存在していない。
何とも不思議な男、T君である。

ケーブル製作者 きさ様(HPネーム)ご夫妻 来店。

[ 私が出会った音の達人たち ]   2001年6月2日

5月8日午前、足利のHさんという方から、『試聴に行きたい』と電話がきたと、携帯に連絡があった。
そして午後1時頃、『今蒲田ですが、どう行けばいいんですか?』と問い合わせがあったのだが、それが関西弁なのだ。
しばらくして当店の前に外車が止った。ナンバーは神戸である。
足利、関西弁、神戸ナンバーの外車、ん?なんだ?
車からはご夫婦とおぼしきお二人が降りられた。
前置きが長くなったが、これが
ケーブル製作者、きささんご夫妻との出会いであった。

お話を伺うまで知らなかったのだが、某HPにも時々載っている方で、近頃噂の人である。
また、きささんはHPでケーブルを発表し販売もされているのだが、数が少なくなかなか手に入らないらしい。
当日は、栃木県足利の個性派ショップ、アレックスで試聴してから当店へ来られたそうだ。
試聴には自作のケーブル 【銅蛇】 暫定価格¥10.000− も持参された。いろんなCDを聴いてから、【銅蛇】の試聴となった。
本当のことを言うと、そんな大したこと無いだろうと思っていた。
しかし出てきた音は私の予想とはだいぶ違っていて、実に癖のない艶やかないい音である。
もしこれが定価10.000−で出回ったらみんなビックリすると思う。こういう商品は、有名メーカーで高額商品であればいい音が出ると思っている、ブランド志向の人には縁のない商品だが、巡り会った人にとっては何物にも代え難い宝物だと思う。

やはり、本当にいい音を手に入れるには、自分の足で探し、自分の耳で確認する以外に方法はない。それから、当店のアンプFASTとウェストミンスター・ロイヤルの音も、『想像していたより、かなりいい音だ』とお褒めを頂いた事も書き添えたい。

※ きささんは《波導》とか《気功》とか、いろいろとやられるらしいのだが私はその方面は全く解らない。
しかしケーブルは本当に良かった。


次はFAST製作者、菅原氏と私との運命的な出会いのきっかけとなったT君の話。


ページの先頭へ